足の腫れ かゆみ 塗り薬

足が腫れてかゆみがある?その時どんな塗薬を塗ればよい?

スポンサーリンク

足が腫れてかゆみを感じることはないでしょうか?他にもかゆみを感じるならば虫刺されだけでなく水虫やひょう疽の可能性があります。
今回は足の腫れとかゆみの原因とその治療法についてお話します。

 

 

【虫さされの場合】
虫に刺されると足が赤く腫れたりかゆみを感じますが、刺された虫がアブやダニの場合は少々厄介です。
アブの場合は他の血をすう虫と違いかゆみと痛みを感じます。
また蚊に刺されたときと比べて圧倒的に症状が重いです。

 

刺されたときには刺された箇所を冷やすと主に塗薬をぬることがおすすめです、おすすめの塗薬はかゆみを抑えるクロタミン、腫れを抑えるシフェンヒドラミンが含んでいる塗薬です。

 

【虫に刺された覚えがないならば水虫かも】
水虫の場合は足の指当たりが赤く腫れてかゆくなります。
また水虫の箇所を触った後に他の部分を触るとそこから水虫がまた発症します。

 

水虫を放っておくと指だけでなくつめにまで浸食していきます。
そうなった場合は最悪の場合指をむくことになるので注意が必要です。

 

水虫が軽いうちは患部に塗薬をぬることで次第に治っていきますが、水虫が進行している場合には病院に診てもらう必要があります。

スポンサーリンク

【ひょう疽だった場合はどうすれば・・・】
ひょう疽であった場合は足の指に細菌が感染して起こる症状です。
指に小さな傷がたくさんあると感染しやすいです。
調理人のひとや水仕事が多い方に起こりやすい症状です。
足の指先が赤く腫れてズキンズキンと痛むのが主な症状です。

 

治療の方法としては菌を入らせないために軟膏を塗薬として使うことがおすすめです。

 

 

足に異常がある場合はいますぐに原因を突き止めて症状を緩和していきましょう。
とりあえず塗薬を塗ってみて経過をみることが大切です。

スポンサーリンク