足の腫れ かゆみ 原因 治療法

足の腫れやかゆみの原因とその治療法

スポンサーリンク

足が腫れてかゆみを感じてお悩みの方はいませんか?その腫れやかゆみは放置しておくと重大な病気につながってしまう可能性があります。
今回は、足の腫れやかゆみの原因とその治療法についてお話します。

 

 

【原因@下肢静脈瘤】
下肢静脈瘤の主な症状として足の腫れやむくみ、かゆみを感じるというものがあります。
静脈にある血液の逆流を防ぐ弁が正常に機能しなくなり血液の逆流が起きて腫れやむくみ、かゆみを感じます。
また血管にデコボコができてる場合もあります。

 

普段から同じ体勢をとり足の筋肉をあまり使わなくなるとなりやすいといわれています。

 

【原因Aしもやけ】
ほかにも足が腫れてかゆみを感じる症状としてしもやけがあります。
しもやけの場合は温度差が激しく血行が良くないと生じやすくなります。
また自分が着用している手袋や靴の湿度が高く水分が蒸発していくことでもしもやけが起きやすいです。

スポンサーリンク

【下肢静脈瘤の治療法】
下肢静脈瘤の治療法は基本静脈瘤を悪化させないために締め付けのつよいストッキングをはいて血行を良くします。
しかし、この方法のみ取っていると下肢静脈瘤が治らないので、患部にワイヤーをいれて弁が正常に機能していない血管を引き抜くといった手術も場合によって必要になります。
また、最近ではレーザーを使って治す治療法もあります。

 

【しもやけの治療法】
しもやけを治すためには血行を良くするために37度ほどのお湯につかることがおすすめです。
また血行をよくするためにビタミンEの多い食材を取ることも有効です。
例え豆類や植物油を摂取するとよいです。

 

しもやけを起こす前に予防することも大切です。
足を過度に冷やさない、濡らしたままにしないなどすることでしもやけを防ぐことができます。

 

 

足の腫れやかゆみを感じることがあったら下肢静脈瘤やしもやけを疑いましょう。
とくに下肢静脈瘤の場合は手術する必要がでてくるため要注意です。
血行を良くして症状の悪化を防ぎましょう。

スポンサーリンク