足の腫れ 原因 期間

足の腫れが引かない原因とその期間

スポンサーリンク

足の腫れが引かないことにお悩みではありませんか。
症状が想像以上に深刻で足の腫れが収まらない可能性が高いです。
今回は足の腫れが引かない原因と期間、その対策についてお話します。

 

 

【打撲や捻挫による腫れの場合】
打撲や捻挫による足の腫れの場合は血行が良くなっていなためなかなか腫れが引かない可能性が考えられます。
腫れが引かない期間が約5日から1週間ほどであるときには血行の悪さを疑ったほうが良いです。

 

そのため足の腫れが引かない場合には37℃から38℃ほどのお湯につかり血行を良くする必要があります。
ほかにも適度な運動やミネラルが多い食事を心がけると血行が良くなっていきます。

 

また、対策を行っても足の腫れの期間が2週間ほどになったときにはちいさな骨折や骨軟骨損傷を起こしている可能性もあります。
その場合は病院で診てもらいレントゲン等とってもらうのが良いです。

スポンサーリンク

【痛風の腫れの場合】
痛風の腫れの場合は普通なら痛風は数日で治りますが、痛風の期間が長くなった場合は痛風が深刻になっている可能性が高いです。
2週間ほど腫れて痛むならば疑ったほうが良いです。

 

長い期間腫れと痛みが続く原因として尿酸値がかなり高くなりその結果足の関節に結石ができなかなか痛みが取れない可能性があります。

 

他の原因として患部を揉んだりしていると治りが遅くなり悪化してしまいます。

 

 

【他の原因の場合】
打撲や捻挫、痛風以外の原因によって足の腫れが長く続く、ならば細菌感染による病気である可能性が高いです。
例えば、蜂巣炎や丹毒などの病気が考えられます。
これらの病気による腫れは症状により対策が異なりますのでそれぞれに必要な処置を施しましょう。

 

 

腫れが引かない可能性として高い原因は血行の悪さや症状の悪化が主に考えられます。
それぞれに必要な対策をして症状を良くしていくことが大切です。

スポンサーリンク