足の腫れ 治療方法 期間

足の腫れの治療法とその期間

スポンサーリンク

足の腫れに悩まされている方に治療の方法とその期間についてお話します。
打撲や捻挫による足の腫れは治療を施すことによって数週間で治ります。
しかし、細菌感染などによるものは期間が長くなるものがあります。
今回治療法と治療期間を知って足の腫れを治していきましょう。

 

 

【足の腫れの治し方@打撲・捻挫による場合】
打撲や捻挫による足の腫れの場合、腫れている部分をサポーターなどで圧迫して冷やして、足を拳上した後安静にします。
この処置を毎日繰り返していくと普通は1週間から2週間ほどで完全に治ります。
しかしその期間を超えて足の腫れが残っている場合は他の原因があるかもしれません。

 

腫れている期間が2週間以上続きその部分が痛く動かせないならば一度病院に診てもらった方がよいかもしれません。

スポンサーリンク

特に足を打ったこともないのに足が痛んだり腫れたりした場合は細菌感染や身体上の門d内による腫れの可能性があります。
症状で考えられるものは痛風や水虫だと考えられます。

 

痛風の場合は患部を打撲や捻挫による治し方と同じように腫れているところを冷やしサポーターをつけて圧迫したあと拳上して安静にします。
しかし、それだけであると治るまでに時間がかかってしまう可能性があります。
そこで大切になるのが尿酸値を下げることです。

 

尿酸値を下げるためにはもちろん薬を飲んで下げる方法もありまうが、日ごろから食事に気を付けることでもさがっていきます。
尿酸値を下げる食べ物としてはわかめやひじき、ホウレンソウやゴボウが上げられます。
ほかに水を毎日2Lほどとることでも尿酸値を下げることができます。
このような生活を続ければ3日から4日ほどの期間で治ります。

 

蜂巣炎や水虫の場合は細菌による場合が高いです。
水虫の場合は市販の薬を摂取することで重度の水虫でなければ2か月ほどでなおります。
しかし、爪にまで水虫が蔓延ると市販の薬だけでは追い付かず病院で処方したお薬を取って6カ月ほどかかりますので要注意です。

 

 

今回は治療法とその期間についてお話しました。
捻挫などによる場合は安静にして細菌感染の場合は症状によって適切な処置を心がけましょう。

スポンサーリンク