赤ちゃん 足の指 赤い 理由

最近赤ちゃんの足の指が赤い理由は?

スポンサーリンク

最近赤ちゃんの足の指が赤いと思って心配になることはありませんか。
また、赤くなっているときに何を赤ちゃんにしてあげればいいのかわからないですよね。
今回は赤ちゃんの指が赤くなっている理由とその対策についてお話したいと思います。

 

 

【足の指が赤い理由はずばりしもやけ】
赤ちゃんの足の指が赤くなっている理由として考えられるのはしもやけです。
血流が悪くなり、結果その症状が指に表れてきます。
また赤くなっているところをさわったりすると冷たく感じると思います。
特に足の指の色が赤紫色に変色しているときは深刻なしもやけに陥っているため要注意です。

 

また、足の指だけでなく足の外側に沿って赤いときも深刻なしもやけに陥っているため注意が必要です。

 

【しもやけの原因】
赤ちゃんが環境の温感に順応できず調整できなくなると、足が赤くなる理由の通り血液の流れが悪くなり結果しもやけが起きてしまいます。
特に冬場は家の中と外の温度差が激しくしもやけになりやすいです。

 

他にも、赤ちゃんは大人と比べて発汗量が多く汗をかきやすいです。
そのため防寒のために服を着せたり手袋させたりして防いだつもりでも汗で蒸れてしもやけになってしまう場合もあります。

スポンサーリンク

【しもやけの治療法】
まず第一にやることはしもやけをおこしている赤いところを乾燥させてあげることです。
湿りをなくして悪化を防ぎます。
そして、しもやけの部分に軟膏を塗ってあげてかゆみを抑えて肌を整えてあげます。
このときに力を入れて塗らずにそっと塗り込むように優しく塗ると効果的です。

 

こうした治療を毎日してあげれば徐々にしもやけは治ります。
ただし、完全に治るまでは無理に外にでさせないようにしましょう。

 

【しもやけの対策】
なによりも大切なことはしもやけにさせてしまう前にしもやけを予防してしまうことです。
そこで有効なしもやけの対策として日常的にクリームを塗ってあげて肌を湿気から守ってあげましょう。
また、こまめに体を拭いてあげて汗をなるべく体につかないようにしてあげましょう。
足の指が赤いと見て取れる時には特に注意を払って日常的にできるケアを施しましょう。

 

 

足が赤くなっている理由と原因を知って対策を施してあげれば悪化を防ぐことができます。
赤ちゃんはデリケートなのできちんとケアしなければすぐに悪化してしまいます。
そのため今日からでも治療と対策をしてしもやけを治し予防しましょう。

スポンサーリンク