足の腫れ 痛み 原因 対策

足の腫れや痛みの原因と対策

スポンサーリンク

最近足の腫れに悩まされていませんか? 足の腫れは自身の生活習慣や現在服用している薬などによって生じてしまいます。
そのため普段の生活でなにがいけなかったのかを突き止めた上で身体のケアを行っていけば足の腫れは徐々に治っていきます。
それでは、足の痛みの原因と対策についてお話します。

 

 

【原因@・生活習慣】
生活習慣によって足の腫れが生じるケースが多々あります。
特に高カロリーな食事を日常的にとっていたり、長時間立ちっぱなしになることが多かったりすると生じやすくなってしまいます。
肥満体形の方や立ち仕事が多い方でよく痛みを感じる方は要注意といえます。

 

【原因A・薬剤】
生活習慣のほかに考えられる原因は現在服用しているお薬にあるとも考えられます。
お薬の中でもエストロゲンやテストステロンを服用されている方、血圧薬やステロイドを服用されている方は足の腫れが生じやすくなります。
現在日常的にお薬を服用していて足が痛いと感じている方は注意が必要です。

 

【原因B・ホルモンの乱れ】
女性の方のみに考えられる原因ですが、月経周期による女性ホルモンの乱れによって足の腫れや痛みにつながっている可能性は高いです。
妊娠中の方は特に女性ホルモンが乱れやすいため足が痛い、腫れていると感じやすくなります。

スポンサーリンク

【もしかしたら病気の前兆かも・・・】
足が痛い、腫れていると感じることが多くなった方は病気にかかる予兆かもしれません。
足の機能が低下していると肝臓の機能が弱まっている可能性も高いの肝臓に関する病気にかかってしまうかもしれません。
そうならないためにも対策を行い治していくことが大切です。

 

【生活習慣の改善が第一】
薬を普段服用していない方は、最初に生活習慣を見直してみることが大切です。
塩分の摂りすぎは控え、ランニングや散歩などの足を使う運動を日常的にすることで大きく改善します。
ほかにもサポートストッキングを使用するなどして痛みを緩和できます。
普段の生活で対策できることをしていきましょう。

 

【医療機関への治療】
あまりにもひどく痛みを感じどうすることができない、もしくは服用しなければいけない薬があるのであれば医療機関へ相談に行き治療を受けに行くことをお勧めします。
足だけでない他の病気にかかっている可能性も高いです。

 

放っておいて重篤状態にならないためにも我慢せず医者に診てもらうのも有効な対策の1つです。

 

 

いかがでしたでしょうか?普段の生活習慣を見直したり医者に相談するなどの対策をすることで緩和されていきます。
今日からでも対策に乗り出し症状を治していきましょう。

スポンサーリンク