足 ばい菌 腫れ

ばい菌によって足が腫れる時の対処法

スポンサーリンク

ばい菌が入り込むと足が腫れることがあります。
代表的な病気に蜂窩織炎というものがあります。
蜂窩織炎は皮膚の脂肪組織の部分にばい菌が入り込んでしまうことで炎症が起きる感染症の一種です。
手や足に発症しやすいですが、特に足に出来やすいです。
症状は腫れの他に赤みや痛みを伴うことが多く、酷い場合には発熱することもあります。
重症の場合は、足の付け根のリンパまでばい菌が侵入することもあります。
水虫や虫刺され、怪我ややけどなどの二次感染として発症することが多いですがその他にも風邪や体調不良などで免疫力が落ちている時に発症することもあります。
ずっと立っていたり歩いたり、安静にせずに患部を動かしていると悪化することがあります。
腫れや痛み、赤みが増すこともあるので、発症したら出来るだけ安静にして過ごします。
足を下げたままにすると痛みや腫れが強くなり、血行不良から回復も遅くなるので座ったままでも足を上げた状態にします。

スポンサーリンク

治療法としては、抗生物質の内服や注射が一般的です。
腫れを引くには、患部を冷やしたり湿布を貼ることで症状を緩和させます。
ただれている場合は、消毒してから冷やすようにします。
安静にすることが一番の治療になるので、外出は厳禁です。
通常であれば、一週間から長くても二週間くらいで完治します。
体をしっかりと休ませずに無理をすると、治療期間が長引いたり症状が改善しないこともあります。
重症の場合や治りが悪い場合は、入院が必要なこともあります。
一度回復しても、出来るだけ安静に過ごすようにしないとまた再発することがあります。
完全に治るまでは休養を取って外出はなるべく控えるほうが良いです。
症状が出たら、早めに皮膚科か大学病院や総合病院などの大きな病院に行きます。
病院に行くまでに時間がかかる場合は、腫れを少しでも抑えるために氷嚢などを用意して出来るだけ患部を冷やすようにします。
様子を見ていても自然に治りにくいので、早めの受診で回復を早めることが出来ます。

スポンサーリンク