かゆみ 足が腫れる しもやけ

我慢できないかゆみ、足が腫れる赤いしもやけ

スポンサーリンク

指に赤い発疹ができたり手足が腫れるしもやけ。
そのかゆみは時として我慢できないほどに辛いものです。
暖房や防寒が整えられている現在ですが、それでも発症してしまう場合があります。
予防と対策が必要です。

 

 

【柿の様に手足が腫れる赤いしもやけ】
しもやけは炎症です。
寒さよって血行が悪くなって発症。
手足の指、頬、鼻先や耳たぶに赤い発疹ができる多形滲出性紅斑型と、手足全体が赤く腫れる樽柿型に分かれます。

 

子供だけの病気ではなく、長距離通勤者の患者も増加中です。

 

出勤時の外気の温度と仕事場の急激な温度差で血行不良が起こり、腫れる赤いしもやけになります。

 

靴によっても血行不良になるので、指先が圧迫される先の細い靴やヒールの高い靴も原因です。

 

 

【眠れないほどのかゆみ】
しもやけは痛みやかゆみを伴い、冷やすと痛み、温めると余計にかゆみが増すこともあります。

 

布団の中で温められた足のかゆみで満足に眠れないこともあるので、辛い症状です。

スポンサーリンク

【しもやけの予防】
血行が悪くなるのを防ぐことでしもやけも防げます。
体温を下げないためにも防寒対策を。

 

ただし、きつく靴下の重ね履きをして足を締め付けてしまうと血行を悪くしてしまうので注意してください。

 

手袋、靴下が雨や雪、汗で濡れたら放置せずに脱いでちゃんと拭きましょう。
そのままですと気化熱で冷えてしもやけになりやすいのです。

 

 

血行を良くするためにはビタミンEをとりましょう。
ビタミンEは植物油、ナッツ類に多く含まれています。

 

 

【お手軽な治療法】
赤いしもやけになってしまった場合は血行を改善しましょう。

 

いくらかゆくても腫れる患部を強くマッサージしたり、叩く、掻く等をしてはいけません。

 

お風呂でゆっくりと温め、入浴後に優しくマッサージしながらクリームを塗りこみます。

 

 

しもやけは命にかかわる病気ではありませんが、人によっては辛い症状になります。
体を温め栄養をしっかりとって血行を良くして予防したいものです。
もしもそれでも、しもやけになってしまったらこの治療を試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク