赤み 足の腫れ 痛み 痛風

赤みのある足の腫れ、痛みを引き起こす痛風

スポンサーリンク

痛風はとても痛い病として知られています。
合併症も心配な病気でもあります。
そうならないように尿酸とその発生のメカニズムを正しく理解した上で、痛風の予防のためにも尿酸値が高くならないようにコントロールしたいものです。

 

 

【赤みのある足の腫れ、痛みを引き起こす尿酸】
突然、足が赤みを持って腫れ、激しく痛む症状があります。
痛風です。

 

健康診断時に検査結果に尿酸値という数値があります。
尿酸値が高いと痛風になるリスクも高まります。

 

 

尿酸はプリン体を代謝して人体で発生する酸化最終生成物です。

 

他のほとんどの動物と違い、人間はこれ以上より無害な物質に分解することができなく、尿によって排出します。

 

体内に尿酸が蓄積されると、結晶化して足等の関節部に赤みのある腫れ、痛みをおこす痛風発作を引き起こすのです。

 

 

【赤みのある足の腫れ、痛みを引き起こすプリン体】
プリン体は食品にも含まれていますが、食事によって発生する尿酸は全体の2〜3割程度となります。
残りは人間の体内で作られるのです。

 

古い細胞核の核酸が分解されてプリン体が発生。
肥満だとその分細胞も多いのでプリン体も多く発生することになります。

 

激しい運動でもプリン体は発生します。

スポンサーリンク

【赤みのある足の腫れ、痛みを引き起こす尿酸値を下げましょう】
尿酸値を下げることは痛風の予防になります。

 

そのためには生活習慣を改善です。

 

 

食事によって発生する尿酸が全体の2〜3割程度とはいえ、あまりプリン体の多い食品は避けましょう。

 

飲酒によっても尿酸値が上がってしまうのでこれも控えたいところです。

 

ただし、食事、飲酒の制限は肥満を解消するのにも有効ですが、あまりキツク行ってストレスが溜まるのもいけません。

 

ストレスも尿酸値を上げてしまいます。
食事も飲酒も適量を目指しましょう。

 

 

尿酸値のことを理解していただけたでしょうか。
痛風の痛みも辛いものですが、食事、飲酒の制限もまた大変なものです。
止めてしまっては意味がありません。
長く続けられることが重要です。
ストレスにならない程度に頑張りましょう。

スポンサーリンク