ばい菌 足の腫れ 痛み 原因

ばい菌による足の腫れの痛みの原因は?

スポンサーリンク

痛みを感じる足の腫れにはばい菌が原因の症状もあります。
免疫力が低下していると菌に勝つことができないので発症してしまう可能性が高いです。

 

 

【蜂窩織炎の原因】
ばい菌が原因で足の腫れが出てくるようになり痛みを感じる事もあります。
足が腫れて痛みを感じるほどの症状になるには色々な原因がありますが、症状のひとつに蜂窩織炎(ほうかしきえん)があります。
蜂窩織炎は傷口にばい菌が入る事で発症する病気です。
傷口から入る病気ですが一般的に多いのが水虫の傷からばい菌が入ってくることが多いです。
水虫の方は発症しやすいので注意が必要です。
身体的な原因で発症することもあります。
免疫力が低下しているとばい菌を追い出す力が弱まっているので起きやすいです。

スポンサーリンク

【痛みを感じる足の腫れの原因】
リンパ浮腫が原因で足の腫れが起きてしまうこともあります。
リンパ浮腫とはリンパ液の流れが悪い状態になると一部に溜まってしまい起きてしまうことです。
浮腫の部分は皮膚が弱い状態になっているのでばい菌が入りやすいです。
子宮がんや乳がんの術後に蜂窩織炎になるケースがあります。
免疫力も低下しているのも理由のひとつです。
高齢者も免疫力が低下しているので足の腫れを発症してしまう可能性が高いです。
免疫力の低下は蜂窩織炎だけでなくほかの病気にも関係してくるので規則正しい生活が大切になります。

 

 

痛みを感じる足の腫れは病気になっている可能性が高いです。
医師の適切な診断が必要になります。
水虫の方や術後の方、高齢者の方は免疫力も低下しているので注意が必要です。

スポンサーリンク