足 腫れ 痛み 赤み

足の腫れと痛みと赤みが同時に発症する病気について

スポンサーリンク

人が発症する病気については色んな種類や症状がありますが、その中に足に腫れと痛みと赤みが同時に出るものがあります。
それは蜂巣炎と呼ばれている病気となっており、発症することで足に腫れと痛みと赤みが同時に発症します。
この病気を発症してしまう原因として、レンサ球菌という細菌に感染することが理由となっています。
この細菌は動物に噛まれることで感染してしまうことが多く、それによって後に発症してしまうことがあります。
また水や泥の中で切り傷などの怪我をしてしまうことでも、この細菌に感染してしまうことがあります。
蜂巣炎という病気は体のどこにでも発症しますが、一般的に足に症状が出やすいことが特徴となっています。
また血行が良くない人が感染しやすいという傾向や特徴もあり、不規則な食生活などをしていると発症率が増加してしまいます。
そのため日々の健康管理に気を配ることで、ある程度発症率を減少させることが出来る病気でもあります。

スポンサーリンク

 蜂巣炎という病気になると足に腫れや痛みや赤みが出来てしまうことがあり、レンサ球菌という細菌が原因となっています。
そこでこの病気を発症した場合の治療方法についての説明ですが、基本的に抗生物質を病院で処方してもらう必要があります。
細菌が原因となっていることから、応急処置などをしても自然治癒することがないのが特徴となっています。
そのため内科を受診して、症状を医師に診せた上で効果のある抗生物質を処方してもらうことが一番の解決策となります。
抗生物質を数日から数週間ほど正しく服用していけば、きちんと治療出来ることが多いのが特徴です。
また蜂巣炎という病気を発症すると、頭痛や悪寒や発熱といった症状も出てしまうことがあります。
体調不良を引き起こしやすい細菌でもあるので、こういった症状についても誘発されやすいことが注意点です。
さらに抗生物質を服用していくため、治療が完了した後に服用すると体に必要な細菌も滅菌してしまうことがあります。
ですので症状が安定したと医師の判断があった時には、抗生物質についても服用は中断する必要があります。

スポンサーリンク