足 指 内出血 腫れ

足の指の内出血や腫れについて

スポンサーリンク

足の指に何か大きな刺激が加わったときには、ここに腫れや痛みを感じるようになっています。
上からものを落としたり家具の角にぶつけてしまったというような経験をしたことがある人がたくさんいます。
この時に足の指が内出血をすることがありますが、その後も痛みや晴れが続くというようなことになれば、それが打撲であるのか骨折であるのか判断をすることが難しくなってしまいます。
ここで注意しなければいけないことは、無理に患部を動かさないようにすることです。
無理に足の指を動かそうとすると症状を悪化させてしまうので、注意が必要です。
内出血をしているというような場合には、無理に動かしてしまうと骨にひびが入ってしまうこともあります。
したがってできるだけ安静を心がけるようにします。
強い衝撃が加わって内出血がある場合に、打撲の際には数日が経過すると腫れがひいてきます。
しかしこれはけがの状態によって異なっているので、なかなか腫れがひかないこともあります。

スポンサーリンク

また足の指をぶつけて短時間の内に患部が腫れ上がってくることがあります。
この場合には骨折をしている可能性が高くなります。
足の指をぶつけて紫色になって内出血をしているという場合には、必ずしも痛みが発生するということはありません。
痛みを感じないこともあります。
しかしこのように変色するまでの時間は数分となっています。
その後に腫れてくるようになっていますが、すぐに病院に行くかどうか悩むという場合もあります。
このように変色をしているということは、骨にひびが入っている可能性が高くなります。
したがって病院の整形外科を受診するようにします。
ここではレントゲンを撮ってもらうことができますが、骨の状態をすぐに確認することができます。
骨折をして完治をしたと感じていても、後遺症の痛みが出ることがあります。
たとえば気温が下がるときに痛みを感じるという人が多くなっています。
しかしすべての人が感じるというものではありません。

スポンサーリンク