足 腫れる 病気 子供

子供の足が腫れる病気について

スポンサーリンク

子供は非常に活動量が多くなっていますが、体が小さい割にはたくさんのケガや病気を発症させる可能性があります。
大人のように上手に痛みなどを伝えることができないので、周りにいる人がしっかりと観察をする必要があります。
子供に見られる病気やケガの種類はたくさんありますが、そのなかで足が腫れるという病気があります。
足が腫れるというのは打撲などを思い浮かべる人がいますが、決してそれだけではありません。
足が腫れる病気としていくつかのことが考えられるので、それぞれの症状についてしっかりと理解をしておくことが大切です。
代表的なものに自己免疫疾患というものがあります。
代表的なものはリウマチ熱や若年性関節や皮膚筋炎があります。
このほかにはアレルギーー性紫斑病もあります。
一つ一つの病気に特徴的な症状がありますが、子供のリウマチ熱は次のようになっています。
これは溶連菌というものが関係しています。
これによって急性扁桃炎というものを発症し、1週間から4週間で体のさまざまなところに炎症が見られるようになっています。

スポンサーリンク

リウマチ熱を発症する約半数は、心臓に炎症が見られるようになっています。
発症年齢は5歳から15歳というのが多くなっています。
症状としては38度から40度という高い熱が出るようになっています。
それと同時に関節症状が見られるようになっています。
膝や肘や手や足などの大きな関節部分に痛みや発熱や腫れが見られるようになっています。
動悸や早い脈拍や不整脈が見られることもあります。
治療方法としては、ステロイド薬を服用するようになっています。
一般的に6ヶ月以内に治るようになっています。
若年性関節リウマチという病気がありますが、この場合も関節に炎症が見られることがあります。
急に発病することが多く、39度から40度というような発熱が続いてから、2ヶ月から3ヶ月後に関節症状が現れるようになっています。
治療方法はアスピリンや非ステロイド系の抗炎症薬が使われるようになっています。
子供の場合は後遺症が残ることなく治療をすることができます。

スポンサーリンク