虫刺され 足が腫れる

虫刺されによって足が腫れるケースとは

スポンサーリンク

足が腫れるとは主に怪我をした時に起こることがある現象となっていますが、中には虫刺されによって発症することもあります。
その代表的な事例を説明していくと、ブヨという虫刺されによって発症することがあるので注意が必要です。
ブヨとは吸血性の虫となっており、人間の血液を好んでいるということは蚊と似ている性質があります。
ですが蚊と異なっている点として、ブヨによって虫刺されが起こると皮膚を噛みちぎられてしまいます。
蚊の場合にはストローのような口で刺して吸血することが多いですが、ブヨの場合には噛みちぎられて毒も一緒に注入されることがあります。
そのため被害についても蚊以上となっており、その結果足が腫れるといった症状になってしまうことがあります。
また足以外の部分に刺すことも多いため、腕に刺された場合でも同じように腫れてしまうことがあります。
さらに水ぶくれになってしまうこともあるので、非常に注意が必要な虫となっています。

スポンサーリンク

 ブヨという虫によって虫刺されすることで足が腫れることが多く、場合によっては水ぶくれしてしまう可能性もあります。
そこでこの虫についてもう少し詳しく説明をしていくと、主に綺麗な水辺を好むという特性があります。
そのため都会の方ではあまり見かける機会がない虫となっており、ブヨは綺麗な水が流れている川や水辺などに出没することが多いです。
特に夏の季節になると気温が上昇するため、子供や大人が川にキャンプすることが多くなります。
そういった時にブヨによって虫刺されが起こることがあり、子供や大人関係なく襲ってくることが特徴です。
ですがブヨは日光が苦手という性質があることから、出没するのは早朝や夕方以降となっています。
また夏場は夕方でも太陽が出ていることが多いので、その場合には夜間に出没していきます。
また雨が降っている日にも日光があまり照射されないので、1日中キャンプ場などで出没することが多いので注意が必要です。

スポンサーリンク