足 小指 腫れ 水虫

足の小指が腫れたときは水虫なのか

スポンサーリンク

足のトラブルとして多くなっているのが水虫となります。
そのなかで足の小指が腫れているときが付くことがありますが、さらにかゆみが加わるということになれば、水虫ではないかと考える人も少なくありません。
足にかゆみを感じて小指を見たときに、水ぶくれのようなものができて腫れているというようなことがあります。
薬を塗って対処をしても改善されることがなく、逆に症状が悪化するということもあります。
ここで考えられるのは、いくつかの細菌に感染をしているということです。
小指が腫れてかゆくなる原因として考えられているのは次のような症状となります。
代表的なものは水虫となっています。
腫れや痛みや可能などの症状がある場合には、水虫の可能性が高くなります。
しかし自分で判断することができないという場合には、皮膚科を受診し検査をしてもらうようにします。
ここで気をつけなければいけないことは、できるだけ患部を乾燥させることです。
このほかに考えられるものは細菌感染です。

スポンサーリンク

小指が細菌に感染してしまうと、足が腫れたりかゆくなるというような症状が出てきます。
ここではすぐに皮膚科を受診するというのが望ましいですしかしすぐに病院に行くことができないという場合には、患部を冷やしたりできるだけ温めないように心がけます。
このほかには患部を刺激しないようにし、靴ではなくサンダルを履くようにします。
こうすることで悪化するのを防ぐことができます。
冬によく見られる症状としてしもやけがあります。
これは指が赤くなるという特徴があります。
寒暖差が激しかったり手足が冷えやすいという場合には、しもやけを引き起こしやすくなっています。
対処方法としてはできるだけ温めるようにします。
このほかにはビタミンEを摂取するように心がけます。
足の小指が腫れてかゆみがひどくなるということがありますが、自分で判断するのではなく、できるだけ早く皮膚科を受診するようにします。
たくさんの細菌に感染してしまうと、治療までに長い期間が必要になります。

スポンサーリンク