足の腫れを治す方法

原因別に見た足の腫れを治す方法とは

スポンサーリンク

足の腫れが起きる原因としては、怪我によるものが多いのですが、他にも妊娠や塩分の過剰摂取や何らかの病気によるむくみも挙げられます。
足の腫れが起こった場合には、放置をすると悪化してしまうので、しっかりとした対処法を行っておく事が大切です。
それぞれ原因によって治療法も異なっており、原因別の足の腫れを治す方法について説明していきます。
まず、怪我をした時に行う足の腫れを治す方法としては、腫れている患部を休める事が大切です。
これは、怪我だけでなく、むくみによるものでも共通しているのですが、怪我による足の腫れである場合には、2日〜3日間は最低でも安静にしておきましょう。
患部を休める時には、クッションなどを使用するなどして、心臓の位置より高く上げて休むようにすると、血液が患部に溜まりにくくなり、血液循環が良くなる事によって、治りが早くなります。
また、患部をよく冷やしておくと炎症が抑える事が出来るといった効果があります。

スポンサーリンク

妊娠や塩分の過剰摂取や何らかの病気によるむくみによる足の腫れを治す方法は、むくみの原因となっているものを解消させる根本的な治療を行う必要があります。
まずは、先程にも挙げた通り、患部を休める事が大切なのですが、むくみによる足の腫れである場合には、休め過ぎると血液循環が悪くなり、悪化してしまう事に繋がるため、少しでも動かしておく事が大切になります。
塩分の過剰摂取によるむくみは、塩分の摂取を控えるために、塩分の高い食事や塩分が沢山含まれた飲み物を控える事が効果的であり、更に水を飲むと体の中の塩分濃度が下がるといった効果が得られます。
妊娠中でむくみがあるといった時には、妊娠高血圧症候群になっている可能性が見られるので、かかりつけの産婦人科で検査を受けるようにしましょう。
また、何らかの病気が疑えたという場合には、すぐに医療機関を受診し、原因を調べてもらい、治療を行うようにする事が大切だと言われています。

スポンサーリンク