足 腫れる 菌

菌が入って手や足が赤く腫れる病気

スポンサーリンク

足が腫れる症状が出ている場合、蜂窩識炎という皮膚感染症にかかっていることが多くあります。
この蜂窩識炎とは、普通の人の皮膚に常にいる黄色ブドウ球菌などの常在菌や、水虫の原因になる真菌などが皮膚の毛穴や傷口から皮膚の中に入りこみ、皮膚の深い部分が化膿するという皮膚の感染症です。
傷を作りやすい手や足が腫れることが多く、全体の9割くらいが膝から下の部分でおこります。
この感染症は、年間10万人に200人程の人がかかっていると言われています。
蜂窩識炎になると患部に痛みが症じ、赤く腫れます。
体全体の症状としては倦怠感程度のことが多いのですが、感染しているために、熱が出たり悪感があることもあります。
腫れる場所を押すと痛みがある圧痛も症状のひとつです。
これらの症状は体が菌と戦っているときの症状です。
急に足が真っ赤に腫れたり痛みが生じるために驚く人も多くいらっしゃいますが、年齢に関係なく誰にでも起こりうる病気であることも知っておいてください。

スポンサーリンク

治療は菌を殺す抗生物質を、飲み薬として飲んだり注射することです。
腫れている部分は冷やした方がよいでしょう。
腫れている部分に傷口がありジクジクしている時は水で洗って清潔にし、化膿止めの軟膏を塗ると治りが早くなります。
治るまでには1週間から2週間程度かかります。
蜂窩識炎になったら、早めに医療機関を受診してください。
放置しておくと皮膚が壊死したり、菌が全身に回って生命が脅かされることもあるのです。
蜂窩識炎は体の免疫が落ち抵抗力が弱くなっているときに、皮膚のバリア機能が落ちることで発症することが多いです。
蜂窩識炎の治療も大切ですが、今後蜂窩識炎にならないためにも常日頃から規則正しい生活をし、ストレスをためない生活をすることが大切です。
また、水虫などの皮膚の病気がある場合は、ひどくなる前に早く治療することも蜂窩識炎の予防となるのです。
たまには自分の足をしっかり観察し、足に傷はないか腫れたりしていないかを確認してみてください。

スポンサーリンク