足 指 ぶつけた 腫れ

足の指をぶつけた場合に出来る腫れに対する対処法

スポンサーリンク

家で家事をしている時やスポーツをしている時に足を怪我してしまうことがあり、その際に指先をぶつけてしまうこともあります。
その場合においてぶつけた足の指先が腫れることがありますが、この場合には次のように対処する必要があります。
通常腕などをぶつけたといった場合には、痛みの具合によって応急処置などもしやすくなっています。
ですがこれが足の指先の場合においては、ぶつけたことによる痛みの具体を識別しにくいというのが注意点です。
打撲や骨折に限らす強い痛みを感じることが多いので、大した怪我や腫れでなくても激痛を感じてしまいます。
しかしどういった症状になっている場合においても、とりあえずは応急処置は最低限しておく必要があります。
応急処置の方法についてですが、腫れている患部を冷やすという対象法が有効となっています。
冷やすことによって炎症を緩和することが出来るため、痛みについてもある程度は和らぐことが多くなっています。

スポンサーリンク

 怪我やアクシデントなどで足の指先をぶつけてしまうことがあり、その場合に患部が腫れてしまうということがあります。
その場合にはぶつけた患部を冷やすという応急処置をすることで、痛みも自然に和らいでいくことが多いです。
しかし中には骨折している場合もあるため、応急処置を行っても痛みが完全に引かない場合には注意が必要です。
そのため病院やクリニックを受診していく流れとなりますが、利用する診療科については整形外科となっています。
整形外科では関節痛による治療を専門的に行っているので、足の指先をぶつけた場合でも対処が可能となります。
また仮に骨折をしていた場合において、それを放置してしまうと完治するのに時間がかかってしまいます。
ですが整形外科はクリニックとして多く開業されているので、場所探しにおいてそれほど困ることはないです。
そして土曜日でも診療を行っていることが多いため、平日は仕事に行っている社会人でも問題なく利用することが出来ます。

スポンサーリンク