足 薬指 痛み 腫れ

足の薬指の痛みや腫れについて

スポンサーリンク

体を支える部分として、人間の足は非常に重要なところとなっています。
したがってここに大きな負担を与えているということになります。
足には指がありますが、ここにはたくさんの神経が集まっています。
したがって腫れや痛みが出やすいという特徴があります。
ここで足の指がトラブルを発生してしまうと、日常生活の質が低下するということになってしまいます。
なぜこのような痛みや腫れが発生するのかというと、一番に考えられているのが歩き方や運動などで、関節部分を痛めているということがあります。
痛む指によって原因や対処法があるので、しっかりと頭に入れておくようにします。
このような中で足の薬指がチクチクしたりピリピリするというような痛みを感じることがあります。
この痛さの特徴は、とげが刺さったように感じる点です。
また靴を履いているときに薬指の痛さが強くなる傾向があります。
ここにはいくつかの原因が考えられていますが、モートン病の可能性があります。

スポンサーリンク

薬指に腫れや痛さを感じるときに疑われる病気はモートン病となっていますが、これは中高年にたくさん発症するようになっています。
原因として考えられていることは、地面にたたきつけるような癖のある歩き方が関係しています。
またなぜこのような歩き方をしてしまうのかというと、それには靴が関係しています。
そこが硬い靴を履いたり、仕上げ足という状態になっていることが考えられています。
症状としてはとげが刺さったような痛さとなっていますが、痛さがひどいという場合には、軟骨部分の疲労骨折や、神経を痛めているということが考えられます。
したがって注意が必要ですが、レントゲン検査では確認することが難しくなっています。
できれば不快な症状を早く解消したいと考えますが、効果的な対処法としてテーピングがあります。
これは応急処置になります。
自己判断をせずに病院を受診することが基本となります。
痛みや腫れがあっても放っておかずに、専門の病院を受診することで早く回復させることができます。

スポンサーリンク