足 親指 腫れ 膿

足の親指の腫れや膿について

スポンサーリンク

健康のためにウォーキングをしているという人が多くなっていますが、これを毎日行うためには、健康的な足を保つことが大切になります。
しかしこの部分は体重を毎日かけて歩くということが行われているので、それだけたくさんの負担がかかっていると判断することができます。
きれいな姿勢で歩くというのが理想となっていますが、中には姿勢が悪く歩き方に癖があるというような人も少なくありません。
このような人は普通の人と比べると、さらに大きな負担がかかっていると考えられています。
足には指がありますが、何か異常があって痛みや腫れがこの部分に現れることがあります。
しかし必ずしもすべての指に腫れや痛みが出るということがありません。
それぞれの指に現れる症状によって、病気などを判断することができます。
同時にその不快な症状に対しての対処法を実践することもできます。
足の不快な症状の中で、親指に痛みや腫れを感じるということがあります。

スポンサーリンク

とくにどこかにぶつけたということではないのに親指に激しい痛さを感じることがあります。
このようなときに考えられるのは痛風になります。
これは中高年代性に多く見られる病気となっていましたが、最近では20代の若い男性や女性にも見られるようになっています。
とくに会社などの健康診断で行われる血液検査の結果で、尿酸値が高い傾向の人に多く見られる症状となっています。
お酒が好きな人やたくさんの量の食事をする人、このほか西ストレスをためているという人に症状が出やすくなっています。
この場合内科や整形外科などの病院を受診する必要があります。
また中高年の女性や体に合わない靴を履いている場合には、親指を中心に外反母趾の症状が見られることがあります。
親指の爪付近に炎症が起こることがあります。
爪囲炎といわれますが、この場合膿が溜まることがあります。
水仕事や手が荒れるような人に多くなっています。
膿が溜まることがあるので、この場合には穴を開けて中の膿を出す必要があります。

スポンサーリンク