高齢者 足の腫れ

高齢者の足の腫れに注意

スポンサーリンク

高齢者は、運動量も少ないですし、栄養のバランスをとることも難しくなり、血流が悪くなります。
そのため、体に様々な不具合が出てきます。
血流が悪くなりますと色々な臓器の機能が低下してきます。
また、太りやすい体にもなり、メタボリックや糖尿病、高血圧などの病気にもなりやすいです。
体のむくみや足の腫れなどが起こってきます。
足が痛くなるのも足の腫れが原因の場合が多いです。
心臓から足に向かって血液が流れて、足から心臓へ血液が戻ってきます。
しかし、足までの距離は長く、ふくらはぎが血流のポンプ役をしていますが、流れが悪かったり、足がむくんでいると心臓まで血液が戻ってきにくくなります。
体のむくみは、体から毒素が出ないために体の中に毒がたまってくる現象が起こります。
高齢者の危険な体を作らないように予防や対策をとり、健康で元気に暮らしていけるように工夫をしましょう。
予防や対策には、どうしたら良いのか調べてみましょう。

スポンサーリンク

高齢者の足の腫れは、色々な原因が考えられます。
病気の危険性もありますので、腫れがひどく歩くことに支障が出る場合には、病院へ行きましょう。
病気ではない場合には、血流を良くするために、軽くマッサージや足つぼをしてみましょう。
マッサージや足つぼをする時には、注意が必要ですので確認しましょう。
高血圧や糖尿病、心臓病などの方は避けた方が良いです。
優しく撫でることによって血流が良くなります。
腫れている足を温めることも良いです。
足湯などは効果があります。
高齢者の方は骨がもろくなっている場合もありますので、骨折などに注意が必要です。
強く足や腰を揉むことによって骨折の可能性もあります。
食事にも気をつかいましょう。
血液サラサラ効果の玉ねぎ、栄養満点のニンニク、肉、ニラなどを使った食事、緑茶や麦茶などのお茶にも気をつかいましょう。
足の調子が良い時には、散歩など歩くことも良いです。
排尿や排便にも注意が必要です。
高齢者になりますと様々なことで注意が必要になってきます。

スポンサーリンク